東北b級グルメなどのうまいもの

青森b級グルメ 味噌カレー牛乳ラーメン

味噌カレー牛乳ラーメンと言えば青森の「味の札幌」が発祥。

昭和40年代中頃になり、味噌、塩、醤油のベースに、カレーか
牛乳を組み合わせたラーメンを出してみると、これが意外な人気
メニューになったそうです。
昭和50年代になると中高生で流行っていたのが、いろんな組み合
わせで作ったラーメンを食べること。そしてついに「味噌カレー
牛乳ラーメン」が誕生したそうです。

青森味噌カレー牛乳ラーメン』は、その名の通り、味噌をベースに、
カレー粉、牛乳を入れたラーメンで、バターは自動的にトッピング
されます。独自に調合された「味噌のコク」に、「カレーの刺激」、
「牛乳のまろやかさ」、さらに「バターの風味」が絶妙なバランスを
醸し出し、40年近く青森市民に愛され続けるラーメンです。

牛乳ラーメン.jpg





宮城県登米町の油麸丼

宮城県登米地方に古くから伝わる食材「油麸」
その油麸の名産で知られる登米町で、30年位前
地元の旅館の女将が考案したメニューが「油麸丼」

油麸丼とは、カツ丼のカツの替りに油麸を使った
もので、今では宮城県のb級グルメとまで言われる
ようになりました。

私は仕事の関係で宮城県は度々行ってたし、もちろん
食べ歩きの好きな私としては、油麸丼は食べたことが
あります。だし汁を吸った油麩とネギに絶妙にからむ
半熟の卵はとても美味しいです。

油麸丼.JPG

宮城県b級グルメはこちら






あいがけ神代カレー 秋田b級グルメ

秋田県角館に近い神代地区のまちおこし商品として生まれた
あいがけ神代カレー」。
 9月に角館に行った際、始めて食べてきましたが、やはり
評判通り、昔風のカレーの味。
同じ皿で2種類食味でき、昔風と現代風の食べ比べができる
のが特徴です。

神代地区の名物「エリンギ」が入り、独特の風味を感じる
ことができます。野菜と豚肉をじっくり煮込んで作った
デミグラスソースがベースの「現代風カレー」。
秋田県産豚である「八幡平ポーク」を贅沢に使ったスパイシーで
コクのあるカレーですよ!


東北b級グルメのうまいもの

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。